鹿肉料理店ゲーム

鹿肉料理店を10年間経営し、長期での資産の最大化を目指します。長期的視点、全体最適化、競争と協調のバランス、資源の持続的利用、コミュニケーションについて学びます。

ゲームの世界の背景
ここは、東北地方のとある街。(仮にI市とします)
もともと鹿が多いところだった。乱獲で絶滅の危機に瀕した時期もあったが、最近は保護政策のおかげで、かなり個体数も増えてきた。
鹿の生息地は、牡鹿半島(架空の場所)と、桃生(しつこいようですが架空の場所です)と呼ばれる地域。しかし、最近は数が増えすぎて、自然の餌がたりなくなり、近隣の田畑への被害が深刻となってきた。

そこでI市は、鹿猟を解禁。あわせて鹿肉をジビエ料理として、地元のプロモーションに役立てることを計画。街に3件の鹿肉料理店がオープンすることとなった。

I市の鹿に関する情報
牡鹿地区に約500頭(MAX)
桃生地区に約500頭(MAX)
上記の数以上には、増えることができない(餌である木の芽が足りない)
MAX数の7割くらいが適正といわれる(年1.5割~2割増える)
4割を下回ると個体数維持が難しくなる。(牡鹿と女鹿の出会いの機会が減るため)
1割を切ると絶滅へ

鹿肉料理店ゲーム概要
チーム内で議論し、その年に雇うハンターとシェフの数を決め、ファシリテーターに報告します。
ファシリテーターは、チームごとの累積年利益を期末に発表します。それを10年(10回)続けます。
累積赤字が2年続いたお店は倒産。

制約条件
鹿狩猟者(ハンター) 一人あたりの年間最大狩猟数20頭。経費月30,000円(年360,000円)
鹿一頭から50人前の料理がつくれます。
客単価 3,000円
シェフ 一人年間で1000食 人件費月150,000円(年1,800,000円)
そのほかの経費はなし

ゲームファイル(エクセルファイル)

ゲーマシート

「統合思考ワークショップ(セミナー)」開催

被災地発の課題解決手法を考える「統合思考ワークショップ(セミナー)」を石巻市のコミュニティカフェにて開催

~社会問題が顕在化している被災地で、日本を変えるヒントを生み出す~

株式会社Salt(所在地:東京都中央区銀座、代表取締役:島 青志)は、宮城県石巻市でソーシャルビジネスに取り組んでいる合同会社巻組(所在地:宮城県石巻市中央、代表社員:渡邊享子)と協力し、被災地発の課題解決手法を考える「統合思考ワークショップ」を7月29日(水)に開催することをお知らせいたします。

このワークショップは、宮城県石巻市で約100年続く伝統ある夏祭りである「石巻川開き祭り」に合わせ、まちの未来を楽しみながら考えるイベント週間「石巻STAND UP WEEK」の一環として開催されるものです。
お茶っこワークショップ【統合思考】石巻発の課題解決手法を皆で創ろう!

【統合思考とは】
従来の論理思考(ロジカルシンキング)等の方法では解決できない複雑な問題を解決に導く思考法が「統合思考」です。観察・分析を経て得た結果や、経験則をもとに気づきをまとめ、どの対象に対してどのような結果が出るのかを統合的に考慮することを指します。
ロジカルシンキングで導かれる解決手法は、一部の人や特定のことに関しては有効でも、他方から見ると逆の効果をおよぼすことがあります。
東日本大震災では、津波の被害を食い止める防潮堤が、津波の到来の気づきを遅らせることになり、かえって被害が拡大した地域がありました。
復興活動においても、再開発 vs 現状維持、個人の幸せ vs コミュニティや全体の幸せ、経済発展vs 環境など相反する事柄が次々と出現し、そういった課題を丁寧に解きほぐしていく必要性が生まれました。
このような複雑な課題の解決に必要とされるのが「統合思考」です。

最近では企業活動においても、統合思考の必要性が認識されるようになりました。持続可能な社会の構築(サスティナビリティ)に企業も責任を担うことが求められています。
今日の企業は、環境や人権、地域コミュニティの発展に留意しつつ、経済的利益も同時に追求していかなければなりません。
国際統合報告評議会(IIRC)が作成し、上場企業を中心に導入が進められている企業報告書「統合報告書」のフレームワークでも、「統合報告書は、統合思考のプロセスが適用されることによって実現される」と書かれています。

被災地は、現在の日本の課題先進地域と言われています。震災によって、街の中心部の衰退化、若者の流出、高齢化、マーケットの縮小など以前から少しずつ進んでいた様々な問題が一気に顕在化しました。
これは逆に言うと「被災地の課題解決のヒントは、日本全体ひいては世界の課題解決のヒントになりうる」と考えることも可能です。

【ワークショップ概要】

1.課題解決プログラム
課題先進地域としての被災地論
論理思考(ロジックシンキング)と統合思考(インテグレーティブシンキング)
システム思考(システム・ダイナミクス)
課題解決のレバレッジポイント

2.最強チーム構築、リーダーシッププログラム
ピーク・ピラミッド
ミッション・ビジョン・コアバリュー作成

3.イノベーションプログラム
統合思考イノベーション
デザイン思考(デザインシンキング)

【ワークショップの概要】

開催日時:7月29日(水) 18:00~19:30(受付開始 17:45~)
会場 :コミュニティカフェ・かめ七(コミかめ)
宮城県石巻市中央2丁目4‒18
(詳細地図 http://ishinomaki2.com/comikame/ )
参加費 :無料
定員 :20名

間違いだらけのコーズ・マーケティング

コーズ・マーケティングによって、売り上げと社会貢献を同時に実現する。

すっかりおなじみの言葉になりましたが、その分「誤解」も多いようです。
わたしたちのところに持ち込まれる相談もピントが外れたものも増えてきました。正直に言って。

コーズ・マーケティングの用語説明でしばしば(寄付金つき商品販売手法)と言われます。

たしかに、コーズ・マーケティングという名を有名にした、

「アメックスの自由の女神像修復キャンペーン」
「王子ネピアの千のトイレプロジェクト」
「ボルヴィックの1リットル/10リットルキャンペーン」

これらのプロジェクトは、それぞれ売り上げの一部を寄付するモデルです。

だからと言って、「売り上げや収益の一部をどこぞのNPOや復興事業に寄付します」が必ずしも「コーズ・マーケティング」と言うわけではない。
「逆は必ずしも真ならず」のたとえではないですが、そのあたり広告代理店の担当者や、ソーシャルビジネスの専門家ですら誤解している人が多いのです。

間違った「コーズ・マーケティング・キャンペーン」の例では、

1.ピンクリボン(乳癌検診運動)賛助商品で、発がん性物質が含まれた食品があり非難を浴びた事例
2.「Twitterリツイートで東日本大震災への寄付を行います」というキャンペーンが、悲劇を商売に移用していると非難を浴びた事例

等があります。

コーズ・マーケティングは効果が高い分、間違った使い方をすると、逆に非難を浴びる、最悪の場合「炎上する」というリスクがあります。

その対策のために専門家から指摘されていることというと、
1.商品ターゲットとコーズ・マーケティングのコーズ(大義)が一致しているか。
2.(寄付プログラムの場合)キャンペーン結果の透明性
が挙げられています。

何よりも大切なことは、コーズ・マーケティングを単なる広告キャンペーンではなく、企業理念(ミッション)の浸透手段として活用すべきこと、なのです。

コーズ・マーケティングが消費者から支持される理由は、別に単に「寄付をしたいから」ではありません。
寄付をしたければ、NPO、赤十字、街角の募金箱いくらでも手段があります。
わざわざ商品を買ってまで寄付するのは、面倒なのです。

企業担当者は、「うちの商品を買うついでに寄付もできるのだから、消費者は一石二鳥と考えてくれるだろう」と思いがちですが、これは自分(企業)側の論理で、消費者の立場に立っていないことに気が付かない。これはこのことに限らず企業側がよくやる間違いです。

商品を広めるのではなく、企業理念、ミッションを消費者に広める手段として、コーズマーケティングを活用する。
個々のマーケティング手段というより「ブランディング」と考えたほうがしっくりくるかもしれません。

このように考え実践すると、コーズ・マーケティングはものすごい効果を発揮します。
商品が売れるようになるだけでなく、会社のブランド価値が上がる、企業理念への共感者が増加しファンが増える。

そうなると、不毛な価格競争や目先のマーケティングに拘らず、収益向上、益々の企業価値の向上に繋げることができる。

企業理念(ミッション)の重要性は、拙著「熱狂顧客のつくり方」に詳しく書きましたが、企業理念をどう消費者や社会に伝えていくか、企業価値向上のためには何より重要なことです。

実は、このことに多くの企業人はまだまだ気が付いていません。

私のような仕事をしている者にとっては、残念なことですが、逆に言えば、他の企業や商品にはない差別化ができるチャンスであるともいえます。
 
最後に繰り返しになりますが、コーズ・マーケティングの成功の秘訣は、企業のミッション(企業理念)をとことん考え抜き、その実行のためにこの手法を利用する。
そうすると、他の企業にはまねできない効果を発揮することができる。

弊社とパートナーが実践している事例や具体的なやり方は、このページでまた発表していきたいと思います。

社会的課題の解決と企業価値向上の同時実現

ソーシャル・ビジネス支援

石巻(宮城)や福島などの被災地の復興支援、ソーシャル・ビジネスやNPOの集客・マーケティング活動支援。
ソーシャル・ビジネス組織やNPOの理念や想いを、企業マーケティング手法で世の中に広めて集客につなげることによる、持続可能な組織づくりのお手伝いをおこなっています。

ソーシャル・ビジネスから学ぶ統合思考経営

ソーシャルビジネスやNPOの活動に取り組む人たちは、使命感、利他の精神で、それぞれの課題解決に取り組んでいます。
また、そういう人たちを支援する環を広げるため日夜努力をしています。
一般のビジネスにおいても、ソーシャルビジネスから学べることは数多くあります。

・世の中の課題解決手法を、新製品開発に生かす。
・使命感をもって仕事に取り組む社員を育てる。
・企業や製品への熱狂的なファンを育てる。
・持続可能(サスティナブル)な企業体制づくり。

また、課題解決手法、社会貢献活動を通じたマーケティング手法で、企業価値の向上・集客・企業のイノベーションをデザインします。

CSR CSVコンサルティング

 
CSR=寄付活動、あるいは単なる社会貢献活動と言われたのも昔の話。今ではどの企業もマーケティングの一環のCSR,CSVをおこなっています。ソーシャルビジネスと、マーケティング活動両方に関わってきたSaltならではの、社会的価値の向上と、企業価値の向上を同時に実現できるCSR活動、CSVのコンサルティングをします。

・コーズマーケティング(Cause-related Marketing)
・ソーシャル・デザイン
・CSV(共通価値の創造)
・CSR

・理念(ミッション)のもとに従業員・顧客が集まる企業文化再構築のお手伝い

 

Saltの書籍

amazon2
■目 次
第1章 あなたの会社のマーケティングがうまくいかない理由
第2章 「熱狂顧客」をつくる2つの秘訣
第3章 「集客の秘訣」に気づかされた『ウェブ心理塾』の体験
第4章 顧客熱狂企業ザッポスの真実
第5章 復興への想いが集う石巻2.0の挑戦
第6章 街づくりに学ぶ集客メソッド「柏の葉スマートシティ」
終章  「お客」を「熱狂顧客」に変える「ピーク体験」とは

 

  • 単行本(ソフトカバー): 245ページ
  • 出版社: IBCパブリッシング (2013/12/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4794602502
  • ISBN-13: 978-4794602503
  • 発売日: 2013/12/17

Communitication(コミュニティケイション)

コミュニティの、コミュニティ同士の、
活き活きとしたコミュニケーションを創造することで、
“稼げるソーシャルメディア”をかなえます。

フェイスブックページを立ち上げただけでは、期待すべき効果は得られません。
フェイスブックページを立ち上げたけれど、ファンの数もいいねの数も増えていかない。ファンの数は増やせたし、いいねの数も増やせたけれど、ただそれだけで期待すべき成果が得られていない。それには理由があるのです。

ムーブメントは「発信側」からではなく「受け手側」からしか生まれない。
ある影響力を持った一部のひとや企業からの発信も、もはや影響力を持たない時代。指導者や企業がユーザーをリードするのではなく、SNSユーザーの間の相互作用によって初めてムーブメントは起こるのです。

知識や情報をシェアするのではなく、幸福感や感情をシェアする。
SNSユーザーは、企業からの商品情報などを望んではいません。知識や情報が欲しいからSNSにアクセスしているわけではないのです。そこにアクセスすることで幸せになれる、そんな感情への期待を満たすことこそSNSの根源のエンジンなのです。

コユュニティ熱伝導の法則

熱伝導は互いが接していなければ、その熱は伝わりません。それぞれのコミュニティにおける“熱気”は、コミュニティ内で互いに触れ合えるからこそ伝わり、広がっていくのです。フォロワーを「熱く!」するには、触れ合える場が欠かせないのです。

共通のテーマを抱けるコミュニティの種を蒔く

このコミュニティだけに響くコンテンツを育てる

コミュニティに参加するすべてのひとが“主人公”

そこで起こるすべてのことをムーブメント化する

そこに参加するすべてのひとが発信者になる

コミュニティの影響力がマーケティング力に直結する

利益を生み出せるSNSへ

「インフルエンサー」から、「ハブ・パーソン」へ

影響力を持つ一部の「インフルエンサー」から拡散するのではなく、より多くのひとと感情でつながっている「ハブ・パーソン」同士がどれだけ繋がりあっているいるか。「ハブ・パーソン」の繋がりの広がりこそ、そのSNSコミュニティの影響力そのものなのです。

グループ・マーケテイングの最重要課題

リーダー不在でコミュニケーションのないグループが大衆です。グループ・マーケティングで欠かせないのは、グループを共有する興味を抱き、SNSコミュニティというコミュニケーション手段を持つ「トライブ化」すること。単なるひとの集まりで終わらせないために、グループを「トライブ化」することがSNSマーケティングの最重要課題なのです。

「トライブ化」のための具体策

「共有する興味」を「夢中で取り組める目標」や「現状を変えたいという欲求」に変換する

コミュニティのメンバーが緊密にコミュニケーションできるツールを提供する

グループにレバレッジをかけ、規模を大きくし、新メンバーを引き入れる

Saltにできること、それは貴社が求める成果をSNSで生み出すための「トライブ化」のための戦略と戦術と具体的戦闘のご提供です。