目標達成のためのシステム思考/デザイン思考(System Design management)

「ビジネスで成功したい」「目標を達成したい」そして「夢を叶えたい」
いくら念じても、それだけで夢をかなえることはできません。

なぜなら夢や目標と言われるもののほとんどが、社会というシステムに働きかけ、それを変える必要があり、それをあなた自身がデザインをしなければならないものだからです。
例えば「野球選手になりたい」「歌手になりたい」という子供の夢が叶うためには、何が必要でしょうか? 子どもたちに尋ねれば、おそらく「自分のスキルを上げる(野球や歌がうまくなる)」と答えるでしょう。
しかし、いくらスキルがあっても、それだけでプロ野球選手や歌手として成功の道ができるわけではありません。職業としてプロ野球選手や歌手になってしかもその道で成功するには、プロ野球機構や芸能事務所、観戦チケットやCDを購入してくれるファンと呼ばれる人たちなど、社会の様々な「システム」に働きかけ、それらを自分が想う方向にいくための設計(デザイン)を一人一人がしなければいけません。
夢を叶えるためには、何千何万の人に働きかける必要がありますが、もちろん一人一人説得することは難しいですし、そもそも他人の行動を直接変えることはできません。
社会をシステムとして捉え、複雑な社会システムを理解し、どうすればこのシステムに働きかけ、動かすことができるのか。そしてそれをどうデザインするのか。
システム思考・デザイン思考にその秘訣があります。

創発・自己組織化

創発・自己組織化のイメージ

イノベーションにも不可欠な創発や自己組織化。「ティール経営」など経営者から強い関心を持たれていますが、マーケティング分野においても、ブームや流行、またいわゆる「空気を創る」というのも自己組織化現象です。

創発や自己組織化の条件は「開放系」「非均衡」「ポジティブ・フィードバック」です。この3つを制御することために不可欠なのが。システム思考やデザイン思考の様々な手法です。

課題解決

課題解決のイメージ

本当の問題点はなにか、夢や目標が叶えられないのは、多くの場合熱意ややる気あるいは心構えの問題ではありません。
「システム思考」で複雑な社会のシステムを紐解き、社会システムや組織を変えるためのレバレッジポイント(てこの支点)を見つける。これができれば課題解決の50%は達成と言われています。

そのうえで「人間中心のデザイン手法」と呼ばれる「デザイン思考」で解決策を設計(デザイン)する。

経営者や組織の管理者はもとより、多くの営業職やコンサルタントが、クライアントの課題解決を行なうにあたり、システム思考/デザイン思考を活用しています。

目標達成

目標達成のイメージ

システム思考のルーツの一つは「サイバネティクス」。もともとはマサチューセッツ工科大学(MIT)で軍事技術として開発され、戦闘機など高速かつ複雑に動く標的に正しく砲弾を当てるための理論でした。(その技術により日本軍の特攻攻撃は無力化されました)
第二次大戦後、この理論や手法はGEを始めとする多くの企業で経営に生かされ、社会の複雑な環境の中で目標を達成する手法として多くの企業や組織で採用されています。

Blog

アート・デザインからこれからのリーダーが学べること

    この動画は、ジョン・マエダ氏の「TED動画」です。 マエダ氏はMITメディアラボでソフトウェアエンジニアリングを専攻したのち、筑波大学で芸術学の博士課程に進み、Road Island School of Desi …

ビジネス開発のためのアート思考ワークショップ手法

フランスで生まれた「アート思考ワークショップ」 アート思考のアカデミックの分野での第一人者であり、「アート思考ワークショップ」を開発した人が、フランスの名門(グランゼコール)ビジネススクールである、École Supér …

日本ソーシャル・イノベーション学会で「アート思考」の発表をしました。

11月23日、同志社大学において、日本ソーシャル・イノベーション学会のカンファレンスが開催されました。 カンファレンスのポスターセッションにて、「アート思考」を社会課題に繋げるフレームワークの提案というタイトルで発表を行 …

「アート思考」が世界を変える。- 自己組織化(創発)とアート

フランスのビジネススクールESCP(École Supérieure de Commerce de Paris)で、「アート思考ワークショップ」を起業家育成プログラムに取り入れているSylvain Bureau准教授は「 …

スペキュラティブ・デザインとアート思考、デザイン思考

スペキュラティブ・デザインとは 前回、「デザイン思考」と「アート思考」の問い(Why)と解決(How)の視点の違いについて書きました。 デザイン思考の限界は、それが顧客の課題解決を目的としている以上「行為の意図せざる結果 …

複雑系社会での「アート思考」の必要性

アート思考とデザイン思考 「アーティストのように独創的なものを生み出す」イノベーションや創発のための思考法としてアート思考が注目されています。 よく対比されるのが「デザイン思考」ですが、デザイン思考は「人間中心デザイン( …

自然(じねん)経営研究会で講演しました。

自然(じねん)経営研究会Monthly Conference、盛況で無事終了。 木村 智浩さんのモンテッソーリ教育などの面白すぎる話、松澤 拓矢さんのホールシステムアプローチ形式のワークショップ。 私の担当した「幸せ4因 …

自然経営(ティール組織、ホラクラシー経営)とウェルビーイング(幸福)の関係

自然(じねん)経営と幸福4因子 少し前のことになりますが、今年の3月に開催された第2回 shiawase2.0シンポジウムにて、「ホラクラシー経営のための経営管理フレームワークの提案」という研究発表を行いました。 そして …

最近の投稿

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.