目標達成のためのシステム思考/デザイン思考(System Design management)

「ビジネスで成功したい」「目標を達成したい」そして「夢を叶えたい」
いくら念じても、それだけで夢をかなえることはできません。

なぜなら夢や目標と言われるもののほとんどが、社会というシステムに働きかけ、それを変える必要があり、それをあなた自身がデザインをしなければならないものだからです。
例えば「野球選手になりたい」「歌手になりたい」という子供の夢が叶うためには、何が必要でしょうか? 子どもたちに尋ねれば、おそらく「自分のスキルを上げる(野球や歌がうまくなる)」と答えるでしょう。
しかし、いくらスキルがあっても、それだけでプロ野球選手や歌手として成功の道ができるわけではありません。職業としてプロ野球選手や歌手になってしかもその道で成功するには、プロ野球機構や芸能事務所、観戦チケットやCDを購入してくれるファンと呼ばれる人たちなど、社会の様々な「システム」に働きかけ、それらを自分が想う方向にいくための設計(デザイン)を一人一人がしなければいけません。
夢を叶えるためには、何千何万の人に働きかける必要がありますが、もちろん一人一人説得することは難しいですし、そもそも他人の行動を直接変えることはできません。
社会をシステムとして捉え、複雑な社会システムを理解し、どうすればこのシステムに働きかけ、動かすことができるのか。そしてそれをどうデザインするのか。
システム思考・デザイン思考にその秘訣があります。

創発・自己組織化

創発・自己組織化のイメージ

イノベーションにも不可欠な創発や自己組織化。「ティール経営」など経営者から強い関心を持たれていますが、マーケティング分野においても、ブームや流行、またいわゆる「空気を創る」というのも自己組織化現象です。

創発や自己組織化の条件は「開放系」「非均衡」「ポジティブ・フィードバック」です。この3つを制御することために不可欠なのが。システム思考やデザイン思考の様々な手法です。

課題解決

課題解決のイメージ

本当の問題点はなにか、夢や目標が叶えられないのは、多くの場合熱意ややる気あるいは心構えの問題ではありません。
「システム思考」で複雑な社会のシステムを紐解き、社会システムや組織を変えるためのレバレッジポイント(てこの支点)を見つける。これができれば課題解決の50%は達成と言われています。

そのうえで「人間中心のデザイン手法」と呼ばれる「デザイン思考」で解決策を設計(デザイン)する。

経営者や組織の管理者はもとより、多くの営業職やコンサルタントが、クライアントの課題解決を行なうにあたり、システム思考/デザイン思考を活用しています。

目標達成

目標達成のイメージ

システム思考のルーツの一つは「サイバネティクス」。もともとはマサチューセッツ工科大学(MIT)で軍事技術として開発され、戦闘機など高速かつ複雑に動く標的に正しく砲弾を当てるための理論でした。(その技術により日本軍の特攻攻撃は無力化されました)
第二次大戦後、この理論や手法はGEを始めとする多くの企業で経営に生かされ、社会の複雑な環境の中で目標を達成する手法として多くの企業や組織で採用されています。

Blog

ティール組織を実現するためにはデザイン思考やシステム思考が必須なわけ。

フレデリック・ラルーが唱える組織の最終進化系としての「ティール組織」。 ティール組織の一形態ともいわれるホラクラシーと合わせ、実践あるいは実践にチャレンジする企業も増え始めています。まだ実践まで至らなくても、検討や研究し …

論文もデザイン思考で

先週末、慶応SDM現役生たちの「デザインプロジェクト」が終了しました。私も最終日に発表を聴講させていただきました。 実際のクライアント(企業・自治体)に対して、イノベーティブなアイデアの立案及び提案を行うための101日間 …

組織デザイン、経営デザインのためのデザイン思考

デザイン思考はマッキントッシュのマウスをデザインしたデビット・ケリーらが立ち上げたデザインカンパニーIDEOから生まれました。 「デザイナーの方法論で、課題解決を行うための思考法」であるデザイン思考は、先が読めない世の中 …

システム思考・デザイン思考が車の両輪の関係にある理由

「システム思考」と「デザイン思考」は、実は車の両輪の関係にあります。 そのどちらも課題を解決するための思考法ですが、実は「システム思考」だけあるいは「デザイン思考」だけを駆使してもうまくはいきません。 なぜならこの二つは …

「自己組織化経営」の論文が経営学術誌に掲載されました

先月(6月)にバンコクで開催された国際学会「Society of Interdisciplinary Business Research」でBest Paper Prize (最優秀論文賞)をいただいた論文「A Prop …

河合隼雄とシステム思考(そして自己組織化)

最近周りの友人たちから、『河合隼雄』の名前がたて続けに聴かれるようになった。これも一つの『共時性』かしらんということで、我が家にある唯一の河合隼雄本(?)を久々に引っ張り出して、読み直してみた。 言うまでもなく、この本は …

自己組織化経営について講演しました。

ティール組織、ホラクラシーなど非管理型経営についての勉強会、自然経営研究会(JINENコミュニティ)にて「自己組織化経営」講演させていただきました。身内のSDMから8名も来ていただいただき、それぞれ何か気づきを得ていただ …

W杯 西野監督の戦略を起業論/組織論から考えてみた。

やはり「成功する企業」「企業組織」を研究するものとしては、このテーマについて考えたいなと。実際、先月発表した論文で、西野ジャパンの成功と限界はかなり説明ができます。論文並み(?)に長文なので、暇と興味がある人だけ読んでく …

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.