目標達成のためのシステム思考/デザイン思考(System Design management)

「ビジネスで成功したい」「目標を達成したい」そして「夢を叶えたい」
いくら念じても、それだけで夢をかなえることはできません。

なぜなら夢や目標と言われるもののほとんどが、社会というシステムに働きかけ、それを変える必要があり、それをあなた自身がデザインをしなければならないものだからです。
例えば「野球選手になりたい」「歌手になりたい」という子供の夢が叶うためには、何が必要でしょうか? 子どもたちに尋ねれば、おそらく「自分のスキルを上げる(野球や歌がうまくなる)」と答えるでしょう。
しかし、いくらスキルがあっても、それだけでプロ野球選手や歌手として成功の道ができるわけではありません。職業としてプロ野球選手や歌手になってしかもその道で成功するには、プロ野球機構や芸能事務所、観戦チケットやCDを購入してくれるファンと呼ばれる人たちなど、社会の様々な「システム」に働きかけ、それらを自分が想う方向にいくための設計(デザイン)を一人一人がしなければいけません。
夢を叶えるためには、何千何万の人に働きかける必要がありますが、もちろん一人一人説得することは難しいですし、そもそも他人の行動を直接変えることはできません。
社会をシステムとして捉え、複雑な社会システムを理解し、どうすればこのシステムに働きかけ、動かすことができるのか。そしてそれをどうデザインするのか。
システム思考・デザイン思考にその秘訣があります。

創発・自己組織化

創発・自己組織化のイメージ

イノベーションにも不可欠な創発や自己組織化。「ティール経営」など経営者から強い関心を持たれていますが、マーケティング分野においても、ブームや流行、またいわゆる「空気を創る」というのも自己組織化現象です。

創発や自己組織化の条件は「開放系」「非均衡」「ポジティブ・フィードバック」です。この3つを制御することために不可欠なのが。システム思考やデザイン思考の様々な手法です。

課題解決

課題解決のイメージ

本当の問題点はなにか、夢や目標が叶えられないのは、多くの場合熱意ややる気あるいは心構えの問題ではありません。
「システム思考」で複雑な社会のシステムを紐解き、社会システムや組織を変えるためのレバレッジポイント(てこの支点)を見つける。これができれば課題解決の50%は達成と言われています。

そのうえで「人間中心のデザイン手法」と呼ばれる「デザイン思考」で解決策を設計(デザイン)する。

経営者や組織の管理者はもとより、多くの営業職やコンサルタントが、クライアントの課題解決を行なうにあたり、システム思考/デザイン思考を活用しています。

目標達成

目標達成のイメージ

システム思考のルーツの一つは「サイバネティクス」。もともとはマサチューセッツ工科大学(MIT)で軍事技術として開発され、戦闘機など高速かつ複雑に動く標的に正しく砲弾を当てるための理論でした。(その技術により日本軍の特攻攻撃は無力化されました)
第二次大戦後、この理論や手法はGEを始めとする多くの企業で経営に生かされ、社会の複雑な環境の中で目標を達成する手法として多くの企業や組織で採用されています。

Blog

CVCAと因果ループでデザインする「儲かる仕組み」

「儲かる企業」の構造変化 6月12日の日経新聞に、「稼ぎ頭5年で12業種交代」という記事が掲載されました。 サブタイトルに「純利益の一番企業はマーケティング上手」「18年度純利益首位 サービスの巧拙が左右」とあります。 …

WCA(欲求連鎖分析)でCVCAと因果ループ図をつなぐ

WCAとは何か 前回、CVCA(顧客価値連鎖分析 -Customer Value Chain Analysis-)について解説し、CVCAを、ビジネスモデルデザインに活用する手法について説明しました。 関連記事 CVCA …

CVCAで独自のビジネスモデルを構築する

CVCAとは何か? CVCA(Customer Value Chain Analysis -顧客価値連鎖分析-)とは、スタンフォード大学のKrista Donaldsonや石井浩介氏らによって考案されたビジネスモデルデザ …

アート思考とデザイン思考の違いとは?

最近アート思考に関するセミナーあるいは解説した記事などがあちらこちらで見られるようになりました。 その中で気になったのが、アート思考が「『論理(ロジカル)思考』『デザイン思考』の次のものとして注目されている」とか「デザイ …

「ニューヨーク公共図書館」のエコシステム

現在岩波ホールで公開中の「ニューヨーク公共図書館〜エクス・リブリス」観てきました。ドキュメンタリーの巨匠と言われるフレデリック・ワイズマン監督の41作目の映画。 ドキュメンタリー監督というと日本ではマイケル・ムーア監督が …

芸術思考学会(ビジネス研究会)で登壇しました

昨日「芸術思考学会 第6回ビジネス研究会」開催されました。 私も登壇させていただき、『Art Thinkingを新規ビジネスや製品開発に組み込む手法』を発表させていただきました。 他にも興味深い発表があり、「アート思考」 …

「共感消費」の時代とアート思考

令和時代が明けました。令和元年の初日、5月1日の日経MJの一面は、「(平成生まれ、令和を語る)「共感」次代の主役に」です。 新時代、消費のけん引するのは、平成生まれの若者たちかも、ということで、インフルエンサーの菅本裕子 …

美術鑑賞で論理的思考を鍛える

なぜ美術鑑賞がブームなのか? 「なぜ、世界のエリートはどんなに忙しくても美術館に行くのか?」(岡崎大輔著 SBクリエイティブ)や「世界のビジネスリーダーがいまアートから学んでいること」(ニール・ヒンディ クロスメディアパ …

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.