3つの「A」Art(アート)・Autonomy(自律)・Agility(アジャイル)

『最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるのでもない。唯一生き残ることができるのは、変化できる者である』(ダーウィンの名言)

「3つのA」いかなる変化にも対応できる「進化(イノベーション)型組織」を創る。

 

 
Art・・・・・・「在り方・理念や想いの具現化、自己表現」
Autonomy・・「自律する個を基盤とする自律分散型組織」
Agility・・・・「アジャイル・対話と協調を通じた変化への俊敏な対応」

この3つはそれぞれが、独立しているだけでなく、相互依存の関係にあります。
つまりどれか一つを実現させるためには、他の2つが実現されていなければならない。

Art、すなわち理念や想いを具現化する、革新的(イノベーティブ)なものを創るためには、誰かの指示を待つのではなく個々が自律的に行動する必要がありますし、他人に決めてもらった目標ではなく、まだ存在しない新たな場所を目指す為には、状況を見ながら変化に対応し柔軟(アジャイル)に対応し続けなければ到達できません。

変化に強い、Agility(アジャイル、俊敏性、外部変化に対応できる力)な組織を創るためには、自分たちが目指すものは何かというビジョン、そして自律的な組織による自己組織化が必要で、そのAutonomy(自律組織)をつくるには、外発的動機(お金、権力、名声)ではなく、内発的動機(生き方、人間的成長)が必須であり、絶え間ない環境変化に対応できるアジャイルな組織である必要があります。

株式会社Saltは、この「3つのA」を活用して、会社や個人のイノベーションをデザインするコンサルティング・カンパニーです。

「Art」組織へのアート思考の導入

弊社で開発した「アート思考ワークショップ」(オンライン・オフラインに双方に対応)は、お陰様で企業、学校で導入が進んでいます。2019年秋には、弊社代表が国際学会(Asia-Oceiania Systems Engineering Confference)でその成果を発表いたしました。


アート思考の効果。
・企業理念と個人の理念の融合
・社員の「なんのために働くか」という意識の醸成
・仲間や顧客との「共感」意識(暗黙知の認識と共感意識)
・今までにない製品や事業の開発(イノベーション)

イノベーションのための対話型鑑賞法

Visual Thinking Strategies for Innovation(VTSI)は、弊社で開発したビジネスイノベーションのための対話型鑑賞法です。もともとのVTSは、ニューヨーク近代美術館(MoMA)のフィリップ・ヤノウィン氏が開発した美術鑑賞法です。
アート鑑賞を、教養を高める手段やビジネスに必要な思考法を鍛える手法として注目されているものです。

VTSI(イノベーションのための対話型鑑賞法)の詳しい説明はこちら

価値の生態系モデル理論に基づく、ビジネスモデルデザイン

ビジネスモデルのツールやフレームワークというと、例えば「ビジネスモデルキャンバス」などビジネスに必要な要素を分類したり列挙する静的(スタティック)なツールがよく使用されます。そのような従来の方法に加え、私たちは、現在のように変化が激しく、先が読みづらい状況の中では、そのような絶え間ない環境の変化にも柔軟(Agility)に対応できる動的(ダイナミック)なツールやフレームワークを開発しました。

・個人ビジネスから大規模なビジネスまで適用が可能。
・曖昧な想いを具現化し形にすることができる。
・変化する環境を取り込むことができる。
・アジャイルと組み合わせて、何度も繰り返して修正を重ねるのに適している
・グランドデザインの作成だけでなく、細かいタスクに落とし込んだり、担当(部署)や一人ひとりの行動を時系列に設計することもできる。
・シミュレーションの作成にも対応している。

「Autonomy」自律型組織マネジメント

自律型組織マネジメントの導入手法は次の3つのパターンがあります。

1.全社一括導入 (小規模・スタートアップ企業)
情報の透明性(財務情報や給与情報の社内共有など)を実施し、管理職制度の廃止など組織構造を一気に変える手法。ホラクラシー導入のやり方も同じです。
  
2.開発部門の導入から管理部門へと拡張 (中堅企業)
開発部門に自主経営(Self-Management)を導入し、そのあとそのほかの管理部門等にも広げていくやり方。
  
3.一部署への導入から少しずつ広げていく (中堅企業~大企業)
まずパイロット的に一部署に自主経営(Self-Management)を導入。そこから関連する部署に少しずつ広げていくやり方。Agile at Scale方式。

アート思考、システム思考、デザイン思考そしてアジャイル(Agility)の手法を活用し、下図のフレームワークを基礎としながら、導入希望企業にあった最適なやり方の導入コンサルティングを行うのが特徴です。
 
 

 
①メンバーの想いやビジョンを共有するアート思考ワークショップにより、組織と個人のBeing(あるべき姿)への共感。 ②システム思考を学ぶことで、組織のナレッジを全体で共有できようになります。
そして、③経営や業務の透明性を進めることを通じて、組織体制を自然とフラット化させていきます。 ④併せて、現場の自主経営(Self-Management)をアジャイル(Agility)諸手法を導入し、組織に浸透させます。

自律型組織経営指導者(自然的リーダー)養成

組織を自律的なものにする為の、メンターとなり、コーチングをするSOMマスター(Self-Organizing Management Master)。トレーニングでは講義に加えて、実際にさまざまなワークショップに取り組んでいただきながら自律型・自己組織化マネジメント(ティール組織)に必要な要素を体験し習得いただくことを目指しています。

養成講座の内容
・「ティール組織」「ホラクラシー」等についての自律型組織経営についての知識の習得
・「アート思考」「システム思考」「デザイン思考」のワークショップのファシリテーション
・「アジャイル@Scale」の習得

 

Blog

社会貢献とビジネスの両立~ソーシャルビジネス・ワークショップ

セミナー/ワークショップのテーマ 社会貢献とビジネスの両立-ソーシャルビジネス・ワークショップ 日時 2021年2月12日(金)19:30‐21:30(19:15開場) 会場 ZOOMオンライン会場 セミナー/ワークショ …

本当の「価値」は生態系の中にある。

「価値」というのは、「豊かさ」とか「幸せ」という言葉に似ていて、何か大切そうなんだけれど掴みどころがないイメージはありますよね。 例えば「顧客価値」だの「価値を大切にしています」「価値を提供しています」「価値をつくります …

「変化できないものは滅ぶ」明智光秀と織田信長の確率論

初志貫徹と変化、どちらが正しい? いきなりですが、ここで問題を出したいと思います。 2つの選択肢(A,B)があり、最初にAを選択しようと決めたとします。 それが正解である確率は、もちろん半々、50%ですね。 では、一度A …

テスラの時価総額がトヨタを上回った本当の理由

コロナ禍が席巻した2020年の世界経済。その中で自動車業界関係以外ではそれほど注目されませんでしたが、今年一番の経済ニュースは、テスラの時価総額がトヨタ自動車を上回ったというニュースではないかと思います。   その理由は …

ビジネスモデルと経営理論

経営学がビジネスを説明できない理由 大学の経営学部に進学する人、あるいはMBAを取るために大学院や米国に留学する人の多くは、「ビジネス」について学び実践に活かそうとする方々だと思います。 そこまでいかなくても経営書を買っ …

新しいビジネスモデルのデザイン(作り方)

世界的に猛威を振るうコロナ禍をきっかけとした社会や経済構造の変化により、様々な分野でビジネスの需要が消失し、多くの企業でビジネスモデルの再構築(リ・デザイン)が求められています。 アクセンチュアのレポートによれば、企業幹 …

自律型組織での業務やプロジェクトの進め方

今、ティールやホラクラシーなど自律型・自己組織型の組織論についての議論が盛んです。 自律型の組織とはどのようなものか。制度はどうするか。どういう心がけを持って、このような組織について考えるべきかという趣旨の本も数多く出版 …

Ikigai(生きがい)ワークショップの注意点

今、世界で「ikigai」(生きがい)という言葉が注目されています。 この言葉が注目されたきっかけは、ダン・ベットナーが世界の長寿地域(Blue Zone)を調査して、その共通因子を見出したことに始まります。 100歳を …

最近の投稿

PAGETOP
Copyright © 変化から進化の物語へ/(株)Salt All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.