フランスで生まれた「アート思考ワークショップ」

アート思考のアカデミックの分野での第一人者であり、「アート思考ワークショップ」を開発した人が、フランスの名門(グランゼコール)ビジネススクールである、École Supérieure de Commerce de Paris(ESCP)のSylvain Bureau准教授です。

事業開発やイノベーション手法として、スタンフォード大学のd.schoolを一つの拠点とする「デザイン思考」がシリコンバレーを中心に浸透していることはご存知の通りです。
シリコンバレーでは、事業開発の際に、「市場があるか?」が問われ、さらに「その市場に対して、どうやって良いプロダクトやサービスを提供するか?」が問われる。
ここでは、d.schoolやIDEOの「人間中心デザイン」と言われる「デザイン思考」がどんぴしゃでした。

しかし実際にデザイン思考の授業を通じ、社会課題解決につながる良い方法が生まれたとしても、「それを自分が手掛けたいか?」というところで、学生は多くはNOで、実際の起業や事業化にはあまりつながっていない状態だったと言います。
Bureau准教授は、「私はこういうことをしたい」「世の中をこうしたい」という視点、つまり「アーティスト」が作品を創るような「内面からの想い」「情熱」を起点とする「アート思考」の体系を考案しました。

この体系が下図に示した、「貢献」「逸脱」「破壊」「漂流」「対話」「出展」のプロセスです。デザイン思考と比較した図もさらに示しました。

(C)HUFFPOSTJAPAN

 

 

アート思考ワークショップの手法

ここから、Bureau准教授の示したプロセスを基に、さらに私が研究している「自己組織化」のプロセスを加味して、具体的なワークショップの手法について考えてみたいと思います。

Bureau准教授は、アート思考は、あくまで「問い」について考えるものであり、具体的な事業アイデア(課題解決手段)は「デザイン思考」の領域であるとしています。したがってワークショップの完成物としては「風刺」「実際には起こりそうにない(Improbable)もの」などの「アート作品」としています。以前記した「スペキュラティブ・デザイン」の作品、例えば長谷川愛さんの「イルカを出産する女性」やスプツニ子!さんの「生理マシーン」などはまさにここにあたります。

本格的に「アート思考」を追求するとこのような「アート作品」を創造する形にすべきかもしれませんが、もう少しハードルを下げて、ビジネスパースンも参加しやすい形の「アート思考でビジネス設計や開発をする」というコンセプトの「アート思考ワークショップ」もありだと思います。

ここでは、「『ビジネス設計・開発のための』アート思考ワークショップ」の手法を記してみます。

1.貢献「自分へのメリットを考えずに、チームに加わり、共有し貢献する」
まず数名ごとにチームを作ります。「デザイン思考ワークショップ」では、まず最初に課題解決すべきテーマが与えられますが、「アート思考ワークショップ」では、自分がやりたいことを自分で見つけるところから始めなければいけません。
そのために、このワークショップでは組織デザイン手法の「アプリシエイティブ・インクワイアリー」の手法を使って、「かなえたい未来」をデザインします。2人組チームとなってそれぞれの過去、現在、未来をインタビューしあい、それをチームで共有します。

2.逸脱「コンテクストAからアイデア等を盗み取り、コンセプトBに当てはめる」
Bureau准教授の手法ですと、既存の製品や商品を全く違う用途に使ってアート作品を作ってみるといったことが行われます。
よく例として挙げられるのが、1917年にマルセル・デュシャンが発表した「泉」という作品で、男性の小便器を横にして置いただけ(?)のもの。本来トイレに設置するための製品が「逸脱」して、美術品として生まれ変わりました。
ビジネスや事業開発のためのワークショップとしては、1で発表したそれぞれの未来をくっつけてみる、他の人からアイデアをもらう、といった作業をします。
「親和図法」「バリューグラフ」といった手法がここでは役に立つでしょう。

(C)ARTPEDIA

3.破壊「現状や実際の作品にチャレンジする。(破壊と自己破壊)」
2のプロセスでまとめた作品や事業アイデアなどを、もう一度バラバラにする、破壊する。
具体的には、もう一度、それぞれがやりたいことを各自でもう一度設計しなおします。一度できたグループを破壊するというプロセスです。
複雑系理論では、創発は「カオスの縁」からしか生まれません。あえて「カオスに近い状態」を創る。これがこの3つめの破壊のプロセスです。

4.漂流「作品の方向がわからずともプロジェクトを進め、新たなパートナーを見つける」
3の状態である「カオスの縁」から新たな創発が生まれる。その過程を模したのがこの「漂流」です。
3のプロセスで各自が持つ作品や事業アイデアを基にグループを組み立てなおすのです。例えば「マグネットテーブル」(各自紙に自分のやりたいことを書いて掲げ、共感した人が集まってグループを創る)で方向性が同じだったり、共感しあったりする人たちとグループを再構築します。

5.対話「自分たちの作品について学び理解し、変えるために話し合う」
グループ内で相談しながら、作品や事業アイデアを創るプロセスです。デザイン思考でいう「プロトタイピングの作成」と同じ作業になります。
事業プランを形にしたり、スキットにしたり、芸術作品のようにしたり、グループで知恵を出し合います。

6.出展「レセプションにて、観客に向けて作品を展示する」
実際に事業内容、つまり5のプロトタイピングを発表します。他のグループの人はそれを見て、評価したりフィードバックを行ったりします。

繰り返しになりますが、デザイン思考とアート思考のワークショップの最大の違いは、与えられた課題に対してその解決手法を学ぶデザイン思考に対し、アート思考では、どんな課題に取り組むのか、そこから考えていくという点です。そこには、なぜ自分がその課題に向き合うのかというところから始める必要があるでしょう。

2018年秋からは、スタンフォード大学でも「アート思考ワークショップ」の講座が始まるそうです。複雑系の社会では誰かが「課題」を与えてくれるのを待つのではなく、私たち一人一人が「ルールメイキング」から考える必要が多くなってくるでしょう。アート思考のワークショップを通じて、一人でもそういうことができる人が増えていくことを願っています。

関連記事
複雑系社会での「アート思考」の必要性
スペキュラティブ・デザインとアート思考、デザイン思考
「アート思考」が世界を変える。- 自己組織化(創発)とアート
日本ソーシャル・イノベーション学会で「アート思考」の発表をしました。