3つの「A」Art(アート)・Autonomy(自律)・Agility(アジャイル)
Blog
  • HOME »
  • Blog »
  • 自律型(ティール・アジャイル)組織・複雑系

自律型(ティール・アジャイル)組織・複雑系

自律型組織のつくり方(How to 「ティール組織」)(1)

目次 1.企業経営における自律型組織とは 2.企業組織を自律型にするには 3.自律型組織とティール組織の共通点相違点 4.自律型組織のつくり方 自然経営研究会に関わって2年、代表理事になってちょうど1年。 その間にも様々 …

アジャイル開発とシステムズエンジニアリング(SE)

アジャイル開発の名前や手法は、Kent BeckやJeff Sutherlandらの「アジャイルソフトウェア開発宣言」(2001年)によって世に知られるようになったことをご存じの方も多いと思います。 私たちは、ソフトウェ …

テレワーク、オンライン授業は「あつ森」に学べ

任天堂から3月に発売された「あつまれどうぶつの森」の売れ行きが凄いようです。 外出自粛で家にいる時間が増え、友達に会ったり遊びに行くこともままならない。そんな世の中にピッタリのゲーム。 ゲームソフトはもとより、コントロー …

自律的なテレワーク(リモートワーク)「TeleScrumガイド」

テレワークやリモートワークで、社員の自律性を引き出し、かつ生産性もあげられる体制づくりに役立つよう、アジャイル開発(スクラム)で活用される「スクラムガイド」を基に「TeleScurumガイド(案)」を作成してみました。テ …

Zoomとオンラインホワイトボード(miro)を使った研修やワークショップの方法

新年度が始まり、新入社員や新入生も新たに入って、通常ですと授業や研修が盛んな時期ですが、今年はコロナ禍で、オンラインが中心とならざるを得ない環境となっています。 この記事では、オンライン会議ツールのZoomと、オンライン …

先が見えない状況のための経営理論(リアル・オプション理論)

コロナ禍で政府による緊急事態宣言が出される、出さないなどの議論がなされるなど、ますます先が読めない状況が深まっています。 前々回の記事で、今の「VUCA」を通り越した「カオス」な状況の中でビジネスパースンは、現代サッカー …

Zoomを活用してリモートワーク(テレワーク)を成功させるには

コロナ禍でリモートワーク、テレワークに移行する企業が急増しているようです。 それに伴ってWeb会議などコミュニケーションソフトウェア等を提供する会社に注目が集まっています。代表的なツール「Zoom」を提供する「Zoom …

カオスな世界の中で、現代サッカーに学ぶ経営術

先週(3月19日)、国際航業株式会社の樋口悟さん、株式会社ネットプロテクションズの中堀那由太さんとオンライン・イベント『海外サッカーの最先端戦術「オーガナイズド・カオス」』を開催しました。今年の1月に樋口さんとサッカーと …

「スクラム」が教えるリモートワーク(テレワーク)仕事術

2020年は5Gのサービス開始、東京オリンピックなどのイベントがあり、もともと「テレワーク元年」になると言われていましたが、今回の新型コロナウイルス禍で、一気に広がりました。 こういった状況に答えるように、WEBやFac …

アート思考とアジャイルマーケティングの組合せが生む最強の自律組織

日本企業が勢いをなくした理由 最近いろいろなところでティール組織やホラクラシーなどの「自主経営組織」「自律組織」についての記述がみられます。一昨年から昨年にかけての「ティール組織」(英知出版)のベストセラーが、特にこの分 …

生産性が4倍になる自主経営メソッド、アジャイル仕事術

アジャイル開発の手法を、アジャイルマーケティングや他の仕事に適用する自主経営メソッドを、ここでは「アジャイル仕事術」(アジャイルの用語ではアジャイル@Scale)と呼んでいます。アジャイル開発手法の「スクラム」を提唱した …

アジャイルマーケティングはPDCAではなくSECIモデル

前回の「アジャイルマーケティング」についての記事で、「アジャイルマーケティングをPDCAを素早く回すことと考えるのは誤り」と書いたところ、「アジャイルマーケティングとPDCAの違いを詳しく教えてほしい」という質問をいくつ …

« 1 2 3 6 »

講座開催

『本当の仕事価値の生態系モデル編1期』
自分の価値を仕事にデザインしよう!
日時 2021年3月20日から
詳細はこちら
PAGETOP
Copyright © 事業創出コンサルティング/(株)Salt All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.