3つの「A」Art(アート)・Autonomy(自律)・Agility(アジャイル)
Blog
  • HOME »
  • Blog »
  • 夢がかなうシステム思考とは

夢がかなうシステム思考とは

システム思考の歴史(2)一般システム理論、サイバネティクス、システムダイナミクス

システム思考の歴史 (1)還元思考の限界 一般システム理論 – 広義のシステム思考 – 新しい思考法は、物理学ではなく生物学から生まれました。 20世初頭、生物学は機械論と生気論論争の最中にありま …

システム思考のないSTEM教育は、単なる理工系労働者の養成機関

昨今STEMあるいはSTEM教育という言葉が盛んです。 STEMとは、Science(科学)・Technology(技術)・Engineering(工学)・Mathematics(数学)の頭文字を採ったもの。オバマ大統領 …

タカタのエアバッグ問題はシステム思考ができなかったことにある

タカタのエアバック問題は、とうとう同社を事実上の倒産(民事再生法申請)に追い込みました。 エアバックの不具合で、少なくとも10数名の死者を出し、リコールが1億台(!)というとてつもない規模に及んだことを見ると、これも当然 …

夢のかなえ方

夢のかなえ方を誰も教えてくれない 多くの人が「夢」を持っていると思います。 しかし、夢には、「儚い(はかない)」という意味もあるように、実現が難しいものと言う意味もあります。 学校や職場でも、「人から与えられた目標」、例 …

リーダーシップとシステム思考

飛行機を飛ばすのにもっとも重要な人は? 飛行機(旅客機)の最大の使命は乗客を安全に目的地まで運ぶことです。ではそのスタッフでもっとも重要な人はだれでしょうか? 操縦士、機長、客室乗務員、管制官。それぞれが重要な役割を担っ …

パーソナル・ダイナミクスの時代

今こそシステム思考を個人の夢の実現に使うときではないか。 システム思考は生物学者のフォン・ベルタランフィやノーバート・ウィーナーなど多くの研究を祖としますが、直接の系譜は、マサチューセッツ工科大学(MIT)のジェイ・フォ …

IOTおよびAI (人工知能)時代と人間の限定合理性

「1984年」とIOT 今年に入って、米国でジョージ・オーウェルの「1984年」がヒットしているそうです。 1948年に執筆されたこの小説は、全体主義社会、管理社会を描いたSF小説。 この中に「テレスクリーン」と言われる …

小池都知事に学ぶ「風」を起こす方法

小池都知事を見ていて感心するのは、様々な人生の「賭け」をことごとく勝利に導いている(少なくともそのようにみえる)こと。 テレビキャスターから政治の世界に入り、まだ海のものとも山のものともわからなかった日本新党を躍進させて …

論理思考(ロジカル・シンキング)とシステム思考(システム・シンキング)

論理思考とは 物事がうまく運ぶようにするのはどうすればよいか。例えば「売上を上げたい」などの課題に答えを見つける方法はなにか。 このような問いの答えを見つける手法(メソッド)として産み出されたのが論理思考(ロジカル・シン …

因果ループ図で未来を予知する

「未来を予測する最善の方法は、それを自ら創りだすことである」アラン・ケイ 原因となる変数と結果となる変数、その間の因果関係をグラフ化(図示化)したものが、システム思考で使う因果関係の矢印です。 そしてそれらの関係は多くの …

システム思考で見えるアップルの復活劇

アップルが世界一の企業(時価総額世界1位)になれた理由を、多くの人が様々な分析をしています。 iPhoneの成功、デザインの素晴らしさ、巧みなブランディング術。なによりスティーブ・ジョブズの存在がそのすべてであったと言っ …

マイクロソフトの成功から学ぶシステム思考活用例

マイクロソフトとその創業者であるビル・ゲイツの名を知らない人はほとんどいないでしょう。 Windowsは、世界のパソコンの9割ものシェアを持ち、マイクロソフトは世界有数の企業。そしてビル・ゲイツはマイクロソフトの経営から …

« 1 2 3 »

講座開催

『本当の仕事価値の生態系モデル編1期』
自分の価値を仕事にデザインしよう!
日時 2021年3月20日から
詳細はこちら
PAGETOP
Copyright © 事業創出コンサルティング/(株)Salt All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.