目標達成のためのシステム思考(System Design management)

ソーシャルブランディングとは

 

ソーシャルブランディングは、企業の社会貢献を通じたマーケティング(社会貢献型マーケティング)として、「CSR(Corporate Social Responsibility:企業の社会的責任)」
「CSV(Creating Shared Value:共通価値の創造)」「CRM(Cause-related marketing:コーズマーケティング)」そしてソーシャル・デザインを統合した概念です。

まず、これらの用語の意味を整理します。

CSR(Corporate Social Responsibility:企業の社会的責任)

環境、社会秩序等企業が社会に与える影響に対して、責任を持ち、ステークホルダー(消費者や投資家)からの要求に対して適切な意思決定をおこなうこと。

CSV(Creating Shared Value:共通価値の創造)

社会的な課題の解決と企業の競争力向上を同時に実現す経営戦略。本業(収益活動)と社会的活動の両立、本業を通じた社会貢献活動とも評される。
2011年のハーバード・ビジネスレビューで、競争戦略論で著名なマイケル・ポーターが提唱して世界的に広がる。

CRM(Cause-related marketing:コーズマーケティング)

商品の購入が、環境保護や途上国支援など社会貢献に繋がると訴えるマーケティング手法。
例えば、ボルヴィックの「1リットル/10リットルキャンペーン」や、アメックスの「自由の女神修復キャンペーン」などが有名。

途上国支援のフェア・トレードや、CO2削減のためのオフセットプログラムを活用したキャンペーンなどもここに入る。

人びとの社会に貢献したいという欲求をマーケティングに組み込んだ手法。

ソーシャル・デザイン

社会的課題解決のため、課題の本質を見抜き、その課題への取り組みをデザインする。この場合の「デザイン」とは、建築やグラフィックのような「意匠」としてのデザインというよりも、もっと広義の意味、社会をデザインする、より良い社会を設計するという意味で使用される。

 
 

社会貢献活動を通じ、消費者、投資家の支持を集めてブランド価値を上げるのが、ソーシャル・ブランディングです。

ソーシャル・ブランディングで、ブランド価値を挙げた企業として、
上記のボルヴィックアメックスのほか、Green is Green(環境はお金(ドル札=緑色)になる)を掲げたGEや、クリーンエネルギー・ごみ排出ゼロを目指したサスティナビリティ(持続可能性)を打ち出したウォルマート、途上国の水資源開発を進めるネスレ、「千のトイレキャンペーン」で途上国のトイレ普及を進めた王子ネピアなど数多くのグローバル企業の名が上がります。

そのほかにも、地域貢献と企業活動を両立させている、被災地石巻で生まれた石巻工房や島根県海士町の巡りの環など多くのローカル企業も幅広いファンを集めています。

ソーシャル・ブランディングは、地球環境問題や発展途上国ビジネスを行うグローバル企業から、地域発展・地域貢献を行うローカル企業まで、様々な企業で行うことができ、また効果をあげることができます。

効果1.その企業に根強いファン・コミュニティが形成される

東日本大震災では述べ100万人以上のボランティアが被災地に足を運び復興活動に従事しました。募金活動や後方支援など何らか形で復興支援に参加した人を含めれば、その何倍の数にもなるでしょう。
人は皆、「社会に役立ちたい」という想いを持っています。
その想い訴えるのがこの「ソーシャル・ブランディング」です。自分(経営者)だけ儲かればよいという企業はブラック企業という烙印を押され、従業員ばかりか消費者からもそっぽを向かれる時代。ソーシャルブランディングは、企業価値向上に欠かせない概念となりつつあります。
また、ローカル企業においては、強いファン・コミュニティを形成することができます。

効果2 課題解決力=イノベーションの源泉

環境問題、途上国の問題、そして地域の課題など、「社会的課題」に取り組むということは、そのまま新商品の開発や会社のイノベーションに直結します。
「これからはこの商品が売れそうだ」という流行を追う従来のマーケティング手法は、ライバル企業との競争⇒コモディティ化⇒価格競争というサイクルから抜けることができません。
最近の家電業界はまさにこの構図です。
企業が課題解決に取り組むことにより、他の企業では到底まねできない、イノベーションを起こし、先行者利益を得ることも可能になるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGETOP
Copyright © (株)Salt /システム思考で夢をかなえる All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.