スペキュラティブ・デザインとは

前回、「デザイン思考」と「アート思考」の問い(Why)と解決(How)の視点の違いについて書きました。
デザイン思考の限界は、それが顧客の課題解決を目的としている以上「行為の意図せざる結果」は避けられず、視点を顧客視点から自分視点に戻す「アート」の視点が必要であり、そのための「アート思考」の必要性について述べたのが趣旨です。

一方でデザインの視点からも、「課題解決」ではなく「課題の認知」に注目すべきする動きもあります。
英国の王立芸術大学(Royal College of Art)の教授であるアンソニー・ダンとフィオナ・レイビーは、デザイナーは人口問題や、地球温暖化といった、世界の諸問題を解決する人ではなく、世の中の価値や信念、態度を疑って、さまざまな代替の可能性を提示する役割を担っていると言い、いわゆるデザイン思考をAとすると、Bにあたるとする「スペキュラティブ・デザイン」を提言しました。

RCAで学んだ有名人としてアーティストのスプツニ子さんがいます。彼女の「生理マシーン(男性が生理になるアート)」はジェンダー論に一石を投じました。また「スペキュラティブ・デザイン」で紹介されている長谷川愛さんの「女性がイルカを出産するアート」は、人口問題と女性の「出産したい願望」をアートにしたものとして注目を集めています。

長谷川愛《I Wanna Deliver a Dolphin…》

このようにスペキュラティブ・デザインは「デザインの境界」を拡げるものとして注目を集めています。下図はこの本で紹介されているPPPP図です。
既存のデザインが、現在(Present)から見て、起こりそう(Probable)あるいは望ましい(Preferable)未来を考えるものであるのに対して、起こってもおかしくない(Plausible)、起こりうる(Possible)未来を射程に捉えています。

アンソニー・ダン&フィオナ・レイビー『スペキュラティヴ・デザイン』

九州大学でソーシャル・コミュニケーションデザインを研究されている池田美奈子准教授は、スペキュラティブ・デザインを「アートに寄せたデザインである」と述べています。
実際前回の記事でも書いたように、Krebs Cycle of Creativityでは「アート」は、課題の認知、すなわち問いを表現するものであり、アンソニー・ダンの定義とそれほど変わりません。

もちろんアートは、起こり言えない未来、例えばSFやファンタジーをも範疇に入ります。(もっとも何が起こりえて何が起こりえないのか区別することは困難ですが。)ただ、Krebs Cycleでいうアートはサイエンスに引き渡すことが前提ですので、この「アート思考」でいうアートとスペキュラティブ・デザインはほぼ同じことを述べているのではないでしょうか?

実際「スペキュラティブ・デザイン」の本に掲載されている様々な作品は、「社会課題をコンセプトにしたコンセプチュアル・アート」だと紹介しても違和感がないように思います。

スペキュラティブ・デザインとデザイン思考

この概念は、既存のデザイン思考の範囲を超えた何か新しいもの、あるいはデザイン思考にとって代わるものという印象を持つ人もいるかもしれません。
良くたとえられるのが、デザイン思考は漸進的でスペキュラティブ・デザインは破壊的あるいは革命的である。クリステンセンの「イノベーションのジレンマ」でいう持続的(漸進的)イノベーションと破壊的イノベーションに似た例えです。
また「デザイン思考の先を行くもの-The Design Future ハーバードデザインスクールが教える最強の事業創造メソッド-」で著者の各務太郎氏は、デザイン思考は0⇒1を扱うことができない。それができる手法のひとつとしてスペキュラティブ・デザインを紹介しています。

各務氏の主張する「デザイン思考は既存のプロダクトを改善していく手法としては最高のフレームワークであるが、それが革新的なビジネスの始まりに寄与するとは限らない。」という主張は確かに一理ありますが、それに代わってスペキュラティブ・デザインが、「ビジネスの始まり」になりうるか。それこそ「始まりに寄与するとは限らない」のではないかと考えます。アンソニー・ダン自身、スペキュラティブ・デザインはメソッドではなく態度だと述べているそうですし、デザイン思考のように専門家ではない一般のひとが使える手法ではないと言われています。(参照:スペキュラティヴ・デザインが拓く思考

また、上で紹介した池田美奈子九州大准教授は、スペキュラティブ・デザインがブームになっていることについて、「デザインが課題解決をすることを放棄」することにつながらないか憂慮していると述べています。

私の個人的意見としては、上にも記したようにスペキュラティブ・デザインは、アートの範疇に入る概念であり、「社会課題の問い」を表現する手法の一つと考えます。
前回に記したKrebs Cycleの中で、サイエンス、エンジニアリングそしてデザインを踏まえて課題解決に繋げることが可能になります。スプツニ子さんや長谷川愛さんのアートも、ジェンダーを自由に変えることができたり、種族を超えて妊娠出産する遺伝子操作が可能になれば、実際にデザインすることができるでしょう。
つまり、これも「アート思考」、Krebs Cycle of Creativityの四要素(アート・サイエンス・エンジニアリング・デザイン)のフレームワークで考えていくべきものである、と私は考えています。

関連記事
複雑系社会での「アート思考」の必要性
「アート思考」が世界を変える。- 自己組織化(創発)とアート
日本ソーシャル・イノベーション学会で「アート思考」の発表をしました。
ビジネス開発のためのアート思考ワークショップ手法