ネガティブ・マインドの正体はバランス・フィードバック

自己啓発本(いわゆる”成功本”)や自己啓発セミナー、成功哲学ワークショップなどに行くと、多くの場合、成功するためには『成功者としての心構えを学ばなければならない』と教えられます。
そして、その成功者の心構えとは殆どの場合「自分は成功するのだと強く信じる」という内容です。
「いまチャレンジしているビジネスでNo.1になる」「出世して年収1千万以上になる」

なぜそういうことをしなければいけないかというと、人の心にはポジティブ・マインドと、ネガティブ・マインドがあり、成功できないのは「◯◯で成功したい」と願っていても「いや、そううまくはいかないんじゃないか」と思ってしまう。その心が成功の妨げになる。と言うのです。

確かに、「自分はなにをやっても絶対にうまくいかない」と言う人はいます。「自分は何をやってもダメだ。才能はないし性格も悪い、容姿もひどい、自分なんて死んだほうがマシだ」と思い込んで引きこもりになる。
学校や家庭環境、職場環境の中で自信をなくしたり、精神を病んで鬱になってしまう。
このような方のケースは、専門の治療が必要な分野にあたりますので、本稿の対象外といたします。

しかしながら普通の人が対象でも「ネガティブに考えることは良くない」「心から成功を信じなければいけない」というのが、成功のために必須であると主張していますが、それは正しいのでしょうか?

「自分は何をやっても絶対に成功しない」のはたしかに「ネガティブ・マインド」と言ってもいいかもしれません。
でも成功したいと願う一方で、「失敗するかもしれない」「ミスをするかもしれない」と思うのはネガティブ、つまり反対のことを思う気持ち、というより、心が一方に振り切れるのをストップさせようとする感情、ブレーキの感情という方が近いでしょう。「システム思考」では「バランス・フィードバック」と呼んでいます。

上記の「自己啓発セミナー」では、このブレーキの感情を押さえよ、その感情が心に浮かんではいけない、といいます。

しかしながら普通の人には難しいことです。
プラス感情があればマイナス感情もある。契約が取れたり、誰かに褒められたとき、このまままくいくに違いない、と思う一方で、壁にぶつかったり、ミスをした時、もうだめなんじゃないかと落ち込む。
殆どのひとがこういう感情を持っているのではないでしょうか?

だからこそ、特別な訓練を受けなければいけない。本や、高い教材を買ったり、高額なセミナーを受ける必要がある。それで成功するのなら安いものである。
こう思い込んでいる人、あなたのまわりもいないでしょうか?

「成功哲学」をシステム思考で解いてみる

「成功哲学」や「引き寄せの法則」を「システム思考」でよく使われる、因果ループ図で説明してみましょう。

「システム思考」とは、様々な社会の仕組みを「システム」として捉え課題解決や目標の達成につなげることをいいます。
そして「システム」とは、「目的を成し遂げるための、相互に作用する要素(element)を組み合わせたものである。」と定義されます。

この要素と要素の間の相互関係(因果関係)を図示して「目的の達成」につなげるのが「因果ループ図」で、実はとてもシンプルなものです。

自己強化ループ
図1 自己強化ループ

図の「成功」「成功を信じる気持ち」が要素。そして矢印が要素間の因果関係を表します。
この図を説明すると、「成功を信じる気持ち」が強くなると、やる気が出て「行動」の度合いが強くなります。
そして「行動」の度合いが強くなれば「成功」の度合いが強くなる(成功に近づく)。ということです。

「成功」に近づくと、もちろん「成功を信じる気持ち」はますます近づきます。そうするとまた「行動」に弾みがついて。。。

銀行に預けた利子が複利で際限なく増えていくように。。。
これが成功を信じる心と、成功の相互関係です。

「システム思考」で考えると、とてもシンプルでわかりやすいのがわかると思います。
ニューソート(異端キリスト教)の布教活動のように、「引き寄せの法則」だの「宇宙の波動のちから」など持ち出す必要はありません。

この「自己強化ループ」は、取り組んだ直後には、必ずと行っていいほど(それなりには)効果が上がりますから、
「この方法は素晴らしい」
という人がたくさんいるのも間違いないのです。

もしネガティブ・マインド(バランス・フィードバック)がなくなったら

ところが残念ながら、この状態が続くかというと、そうは問屋がおろしません。
前に書いたように、人には「うまくいかないんじゃないかな」と、ポジティブな気が上がると、それにブレーキを書けるような心理も働くからです。
そのことを踏まえた「因果ループ図」がこちらです。


図2 自己強化&バランスループ

この因果ループ図の説明も、ほぼ前と一緒ですが、「失敗を恐れる気持ち」と「行動」の赤い矢印は、この2つの要素の関係が、負の因果関係にあることを示しています。「失敗を恐れる気持ち」が強くなると、「行動」は減ります。逆も言えて、「失敗を恐れる気持ち」が弱いほど「行動」は増す。これを負のフィードバック(バランス・フィードバック)といいます。まるで一方に行きすぎないようにブレーキを掛けているようにみえる。バランスを取っているように見えることから、これを「バランス・ループ」と呼んでいます。

だから「成功哲学」では、この「ネガティブ・マインド」を無くしましょう。と唱えているのですね。

では、このバランス・ループの原因である「失敗を恐れる気持ち」を無くせば(それができるとして)うまくいくのでしょうか?

もう一度図1の自己強化ループに戻ってみましょう。
さて、このループ、永遠にうまく回ってくれるのでしょうか?

「成功を信じる気持ち」→「行動」→「成功」という流れですが、ここでは簡単に書いていますが、現実に行動はすべて成功につながるでしょうか?
人間誰でもミスをしますし、間違いを犯します。あるいは予想もしなかったような事件や事故、経済変動などの出来事が襲うこともあるかもしれません。そうすると、「成功」にブレーキがかかります。
「成功」にブレーキがかかると、やはり因果関係にある「成功する気持ち」にもブレーキがかかります。そうするとまた「行動」にブレーキがかかって、と今度はまるで逆回転が止まらない状態になります。

利息というシステムで銀行は、あなたの財産を永遠に増やしてくれるように見えますが、同じシステムで一旦借金をすると、際限なく負債が増える、というのと似ています。

また図2の自己強化&バランスループをもう一度見てください。
実はこのようなとき、「失敗を恐れる気持ち」が、その逆回転が止まらない状態にならないようにしてくれたかもしれません。
ミスを防いだり、良くないが起こることに気づいて、予防策や対応策を考えていたかもしれません。

これまで記したように、ポジティブだからすべてうまくいく、ネガティブだから絶対に悪い結果になる、という単純なものでないのです。
NEWそーtが「引き寄せの法則」を考えた19世紀までの単純な世界なら、「引き寄せの法則」も「願望実現」もうまくいくのかもしれませんが、21世紀では通用しないことも覚えておいてたほうが良いと思います。