3つの「A」Art(アート)・Autonomy(自律)・Agility(アジャイル)に基づいたビジネスモデルデザイン
『株式会社Saltは、アート思考・デザイン思考・システム思考を用いて、ビジネスの課題解決、人材育成、パーパスに基づく自律組織、イノベーション創造のコンサルティング・カンパニーです。』

私たちは、時代の変化に対応しながら、新規事業やイノベーションができる組織(個人)を創出するための方法論(メソドロジー)やフレームワークを、コンサルティングやセミナー・ワークショップ、イノベーションテック(AI:人工知能)ツールを通して社会に提供しています。

「3つのA」いかなる変化にも適応できる「イノベーション型組織」を創る。


 
 
Art・・・・・・「在り方・理念や想いの具現化、自己表現」
Autonomy・・「自律する個を基盤とする自律分散型組織」
Agility・・・・「アジャイル・対話と協調を通じた変化への俊敏な対応」

この3つはそれぞれが、独立しているだけでなく、相互依存・共進化の関係にあります。

株式会社Saltは、この「3つのA」を活用して、会社や個人のイノベーションをデザインするコンサルティング・カンパニーです。

 

DXにも欠かせない3つの思考法


 
 
「3つのA」を具体的に実現するために必要なのがアート思考、デザイン思考、システム思考の3つの思考法及びそれぞれのメソッド(方法論)です。

「どれか一つ」ではなく、3つを掛け合わせることによって、イノベーションやDX(デジタル・トランスフォーメーション)を実現することが可能になります。

2022年に経産省より公開された最新の「DXレポート」によればDXの新たな定義は「デジタルを、省力化・効率化ではなく、収益向上にこそ活用すべきであること」です。

そのための3つのアクションとして「デジタルを、省力化・効率化ではなく、収益向上にこそ活用すべきであること」「DX推進にあたって、経営者はビジョンや戦略だけではなく、「行動指針」を示すこと」「経営者自らの「価値観」を外部へ発信し、同じ価値観をもつ同志を集めて、互いに変革を推進する新たな関係を構築すること」を定めました。

最初の収益向上は、デジタルを通したエコシステムの創造であり、行動指針とは「事業の目的や意味(パーパス)を可視化し取り組みをデザインすること」、そして「価値観の発信」「同士との新たな関係構築」はエコシステムの構築と同時に、パーパスの共有です。そのために3つの思考法はそのまま役立ちます。

「アート思考」・・・事業の目的や意味(パーパス)を可視化し、顧客の共感を得る。
「デザイン思考」・・イノベーティブな新規事業や新たな取組の設計(デザイン)を行う。
「システム思考」・・製品やサービスを通じたエコシステムを創造し事業を広げる。
 

「DX時代に求められる3つの思考法入門セミナー」(日本能率協会主催)」について

 

「Art」組織へのアート思考の導入

アート思考による未来創造授業(函館工業高等専門学校)

アート思考を活用したシステムエンジニアリング手法の学会発表(バンガロール)

 
 
弊社で開発した「アート思考ワークショップ」(オンライン・オフラインに双方に対応)は、お陰様で企業、学校で導入が進んでいます。2019年秋には、弊社代表が国際学会(Asia-Oceiania Systems Engineering Confference)でその成果を発表いたしました。

アート思考の効果。
・企業理念と個人の理念の融合
・社員の「なんのために働くか」という意識の醸成
・仲間や顧客との「共感」意識(暗黙知の認識と共感意識)
・今までにない製品や事業の開発(イノベーション)

VTSI(イノベーションのための対話型鑑賞法)の詳しい説明はこちら
 
 

「Design」価値の生態系モデル理論に基づくビジネスモデル/システムモデルデザイン

DXデザイン
 
 
現在のように変化が激しく、先が読みづらい状況の中で新たなビジネス・スキームを創造するためには、自分自身のパーパス(在り方、生き方=Art)を基軸にしながら、絶え間ない環境の変化にも柔軟(Agility)かつ自律的(Autonomy)に対応できる動的(ダイナミック)なツールやフレームワークが必要になります。

アート思考やデザイン思考、システム思考の方法論(メソッド)を取り入れて、イノベーションをビジネスモデルという形に落とし込むために、私たちが開発したフレームワークが「ICONIX for Business Design」です。

・個人ビジネスから大規模なビジネスまで適用が可能。
・曖昧な想いを具現化し形にすることができる。
・変化する環境を取り込むことができる。
・アジャイルと組み合わせて、何度も繰り返して修正を重ねるのに適している
・グランドデザインの作成だけでなく、細かいタスクに落とし込んだり、担当(部署)や一人ひとりの行動を時系列に設計することもできる。
・シミュレーションの作成にも対応している。
 
 
 
 

「System」イノベーションのためのシステム思考

中小企業基盤整備機構で開催されたシステム思考ワークショップ

 
 
「イノベーションとは新結合(価値の新たな組み合わせ)である」ということはよく知られていますが、現在の課題を見える可(可視化)し、その繋がりや組み合わせを見出してイノベーションや課題解決につなげることができるのがシステム思考です。

最近ではDX(デジタル・トランスフォーメーション)のためのAI(人工知能)活用のキーポイントである、ダブルハーベスト(多重収穫)ループの設計手法としても因果ループ図が注目されています。

システム思考の活用により、自分(自社)を取り巻く状況を構造化することで、組織(=社会システム)等の「システム全体」を自律的(Autonomy)に動かすことができる、レバレッジポイント(てこの支点)やキーストーン(要の石)を見極めることが可能になります。
システム思考で現在の状況(全体構造=グランドデザイン)を可視化することでアジャイル(Agility)に物事を進めていくことも容易になります。

課題解決とイノベーティブなアイデアを社会に広げる(創新普及)ために役立つのがシステム思考です。
システム思考「複雑な課題を解決する」

Blog

DXレポート2.2とDXによる収益向上の方法

  DX(デジタル・トランスフォーメーション)レポート2.2について 2022年7月、DXレポート2.2の概要が経済産業省から公表されました。 DX(デジタル・トランスフォーメーション)レポートは、「2025年の崖」で衝 …

アート思考 / デザイン思考と、進化思考の共通の考え方

進化思考とは 進化思考を著したデザイナーの太刀川英輔さんは、デザイン思考について「アイデアを発散的に出すにはよい方法であるが、実はスクリーニング機能が弱いために、最終的に実現可能なアイデアがどれぐらい残るかは疑問である」 …

アート思考とデザイン思考が導くイノベーション

ブレークスルー・イノベーションのためのアート思考 今のビジネスシーンにおいて、「イノベーション」の必要性を今更述べるまでもないですよね。 イノベーションについては、クリステンセンの「持続的イノベーション」「破壊的イノベー …

ビジネス遺伝子(ビーム)を意識することで、変化の時代を生き残る

ビジネス遺伝子とは? ビジネス遺伝子(Business GeneあるいはBusiness Meme)とは、「VUCA時代のビジネスは進化論に学べ」で説明したように、リチャード・ドーキンスが定義したミーム(文化遺伝子)の一 …

VSRSメカニズム、進化思考とDX(デジタル・トランスフォーメーション)

ビジネスと進化理論 前回の「VUCA時代のビジネスは進化論に学べ」の記事でも述べたように、変化の時代に生き残るため思考の軸として、「進化の理論」に注目が集まっています。 その中で進化理論に基づいた経営理論をいくつか紹介し …

VUCA時代のビジネスは進化論に学べ

なぜビジネスは進化論に学ぶべきなのか VUCAという言葉もすっかり浸透している今日この頃ですが、変化の時代に生き残るため思考の軸として、「進化の理論」に注目が集まっています。 経営学はもとより、最新の軍事理論やシステム論 …

「おかえりモネ」に学ぶDXデータビジネス

「おかえりモネ」とデータビジネス 以前「DXのためのデータ活用術」という記事を書きましたが、同じテーマですが、今回は柔らかい素材を使って、データ活用やデータビジネスについて書いてみたいと思います。 その素材とは「おかえり …

KDDI(au)通信障害の原因をシステム思考で解説する

  一つのメンテ失敗が国の根幹を揺るがしたKDDI 7月2日未明から始まったKDDI(au)の通信障害は、発生から数日かかってようやく「全面復旧」できた模様です。 コトは、いち携帯電話会社のシステム障害なわけですが、ここ …

PAGETOP
Copyright © 価値創造コンサルティング/(株)Salt All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.